この度、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社がAGA(男性型脱毛症)治療薬としてデュタステリドを有効成分とする「ザガーロ」の製造販売承認を厚生労働省から取得しました。

デュタステリド(ザガーロ)とは、前立腺肥大症治療薬としてすでに認可され発売されているアボルブと同じ成分です。

ザガーロは5α還元酵素阻害薬と呼ばれる薬剤です。男性ホルモンであるテストステロンから合成されるホルモンとして、ジヒドロテストステロン(DHT)があります。このジヒドロテストステロンの方が男性ホルモンとしての作用が強いため、この物質が合成されるほど脱毛を引き起こしやすくなります。そのためテストステロンからより強力なジヒドロテストステロンに合成する過程を抑えれば、男性ホルモンの働きを抑制できることができます。この時に働く酵素として「5α還元酵素」が存在します。つまり、5α還元酵素を阻害することによってジヒドロテストステロンの生成を抑えると、男性型脱毛症の治療となります。

プロペシアも5α還元酵素阻害薬ですが、5α還元酵素にはⅠ型、Ⅱ型とあり、プロペシアはⅡ型のみの阻害薬であるのに対し、ザガーロはⅠ型、Ⅱ型の両方を阻害します。ザガーロはⅠ型、Ⅱ型の両方を阻害するとあってプロペシアより効果があるのでは?と大いに期待されています。

また、デュタステリド(ザガーロ)の臨床試験ではフィナステリド(プロペシア)より発毛効果が1.6倍あると検証結果が出ています。これまで、プロペシアの効果が満足いかず止めてしまった方や、プロペシアを服用中で実感できていない方は是非ザガーロをお試し下さい。

新橋駅前クリニックでもザガーロを取り扱う予定です。発売日・価格はまだ決まっておりませんので、分かり次第お知らせ致します。

 

ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック

東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652