先日、プロペシアに次いで第二のAGA治療薬としてザガーロが承認、発売が決まったというお話をしました。新橋駅前クリニックでは、早くもお問い合わせを頂いている状況です。ザガーロについては発売は決まりましたが、発売日・価格はまだ決まっておりません。もちろん新橋駅前クリニックでも取扱う予定です。ホームページ等でお知らせ致しますので今しばらくお待ちください。

ザガーロはプロペシア同様、男性における男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。元は前立腺肥大症治療薬として、すでに認可され発売されているアボルブと同じ成分なので、ご存じの方も多いかと思います。

新橋駅前クリニックでは今回、ザガーロの副作用についてお話しさせていただきます。

ザガーロの副作用はプロペシアと同じような症状があります。

ザガーロの添付文書によりますと、【第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、ザガーロが投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)であった。日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)であった。その主なものは、リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)であった。(承認時)国内長期投与試験において、ザガーロが投与された総症例120例中20例(16.7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)であった(承認時)。】と、なっておりザガーロはプロペシアと同じような症状の副作用があることがわかります。プロペシアは承認時の国内臨床試験においての副作用、総症例276例中12例(4.3%)となっており、一概には言えませんがプロペシアよりザガーロの方が副作用の出現率が高いということに。

ザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)、どちらが効果ある?ということはまた別になりますが、ご自身に合ったお薬の服用をすることが望ましいと思います。

 

プロペシア 

28錠/5,950円

90錠/19,000円

140錠/29,500円

 

フィナステリド(プロペシアジェネリック)

28錠/5,380円

90錠/17,300円

140錠/26,800円

 

ザガーロ

発売日・価格/未定

ザガーロ

ザガーロ2 

 

ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック

東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652