前回はジェネリック医薬品とは、新薬(先発品)とジェネリック医薬品(後発品)の違いについて書かせていただきました。今回は日本政府がジェネリック医薬品(後発品)を勧める理由・副作用についてです。

最近、ジェネリック医薬品(後発品)を勧めるテレビのCM、保険薬局などでのポスターを見かけることはありませんか?それは、日本人のほぼ全員が加入している「健康保険」の財政が厳しい状況にあるからです。今の日本は高齢化が進み、その高齢者の医療費負担は国で負担していて、医療費が増え続けているからです。少しでも国の医療費負担額を減すため、財政はジェネリック医薬品の普及に乗り出したのです。財政がひっ迫する中、政府がこのような方針を打ち出すのは当然のことかもしれません。

バイアグラジェネリック、プロペシアジェネリックに関しては、バイアグラ・レビトラ・シアリス・プロペシアなどの新薬(先発品)同様、自費診療の保険適用外で、財政の医療費負担を直接軽減するわけではありませんが、ED治療・AGA治療されている方の経済的な負担が軽減されるかと思います。

日本におけるジェネリック医薬品(後発品)の承認基準は、他国と比べ厳しいものになっており、その基準をクリアしたジェネリック医薬品(後発品)は高い信頼度が得られているのも確かです。ジェネリック医薬品(後発品)の価格は、新薬(先発品)の価格が不当に高くなることを防ぎ、価格の適正化にもつながっています。しかし、「安いから」「医師に勧められたから」といってジェネリック医薬品(後発品)を選ぶのではなく、服用する薬のことをよく理解し、ご自身に合った薬を見つけ・服用することが大切です。

新薬(先発品)とジェネリック医薬品(後発品)は安全性の高い基準の中で製造されています。しかし、どの薬でも同様ですが、病気やけがを治療する一方、副作用が発生するリスクはあります。全く同じ成分であれば同じ副作用ですし、少しでも成分が違えばまた別な副作用が現れるかもしれません。副作用が全くない!ゼロ!です、という薬は存在しません。副作用が出る方、出ない方には個人差がありますが、必ずしも副作用が現れるものではありません。気になる症状が現れた時には、すぐにかかりつけの医師にご相談下さい。

 

新橋駅前クリニックではED治療薬・バイアクラジェネリックを3社取扱いしております。
バイアグラジェネリック(シルデナフィル)1錠
 ・テバ    25mg/900円  50mg/1,100円
 ・キッセイ  25mg/900円  50mg/1,100円
 ・トーワ   50mg/1,100円
ED治療薬全て(先発品・後発品)組合せ自由で10錠以上10%OFF。

 

ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリス、AGA治療薬プロペシア・ミノキシジルなどの料金はこちらからhttp://shinbashi-cl.com/price

 

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652