2015年11月発売予定でしたザガーロ(デュタステリド)がついに2016年6月13日発売開始しました。プロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬として話題になりましたね。新橋駅前クリニックでもすでに処方を開始しております。

ザガーロ(デュタステリド)は、5α還元酵素阻害薬と呼ばれる薬剤です。男性ホルモンであるテストステロンから合成されるホルモンとして、ジヒドロテストステロン(DHT)があります。このジヒドロテストステロンが男性ホルモンとしての作用が強いため、この物質が合成されるほど脱毛を引き起こしやすくなります。そのため、テストステロンからより強力なジヒドロテストステロンに合成する過程を抑えれば、男性ホルモンの働きを抑制することができます。この時に働く酵素として「5α還元酵素」が存在します。つまり、5α還元酵素を阻害することによってジヒドロテストステロンの生成を抑える=男性型脱毛症の治療となるわけです。

プロペシア(フィナステリド)も5α還元酵素阻害薬ですが、5α還元酵素には1型、Ⅱ型とあり、プロペシア(フィナステリド)はⅡ型のみの阻害薬であるのに対し、ザガーロ(デュタステリド)はⅠ型、Ⅱ型の両方を阻害するとあって、プロペシア(フィナステリド)より効果があると言われています。

ザガーロ(デュタステリド)の臨床試験では、プロペシア(フィナステリド)より発毛効果が1.6あると検証結果が出ています。これまでプロペシア(フィナステリド)の効果に満足いかず止めてしまわれた方、プロペシア(フィナステリド)を服用中で効果を実感できていない方は、是非ザガーロ(デュタステリド)をお試し下さい。

服用方法や副作用等もプロペシア(フィナステリド)とあまり変わりません。1日1回1カプセルを毎日服用します。食事の影響も受けませんのでタイミングはいつでも構いませんが、飲み忘れがないよう同じ時間帯で服用することをお勧めします。

ザガーロ(デュタステリド)はプロペシア(フィナステリド)同様、早い方は約3ヶ月で抜け毛が減少し、うぶ毛の増加が見られる場合がありますが、通常は効果の確認ができるまで6ヶ月の服用が必要です。
献血はプロペシア(フィナステリド)は服用中止後1ヶ月で可能ですが、ザガーロ(デュタステリド)は服用中止後6ヶ月で可能になりますのでご注意下さい。

 

また、新橋駅前クリニックでは、ザガーロと同じ主成分(デュタステリド)のアボルブの処方もしています。アボルブは、2009年国内で前立腺肥大症の治療薬として認可された薬です。そのアボルブをAGA(男性型脱毛症)治療薬として申請・認可されたのがザガーロです。添加物にごくわずかな違いはありますが、ほとんど成分は変わりありません。

ザガーロもアボルブも増量することで、より高い効果が得られるということはありませんので、決められた用量・用法をも守って服用して下さい。

ザガーロは、プロペシア(フィナステリド)と同様に外用薬と併用可能です。外用薬と併用することにより、さらに高い効果が得られます。

新橋駅前クリニックでは、外用薬としてミノキシジル5%とアロビックスを処方しております。

ザガーロ(デュタステリド)には、0.1mgと0.5mg(共に1箱30カプセル)があり、0.5mgが主流です。新橋駅前クリニックでは0.1mg、0.5mgどちらでも処方可能ですが、0.1mgは事前予約が必要です。0.1mgの価格は0.5mgと同額の9,500円です。

ザガーロ(デュタステリド)0.5mg 30カプセル  9,500

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652