AGA(男性型脱毛症)で悩む方は、現在全国で約1260万人ともいわれ、そのうち気にかけている方が約800万人、何らかのケアを行ったことがある方が650万人といわれています。

新橋駅前クリニックでも数多くの方が相談、またはプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)の処方で来院されています。この度、新橋駅前クリニックでは「かみの毛体質チェック」の検査を導入しました。簡単な口腔内粘膜の検査で、「AGAのなりやすさ」と「フィナステリドの効きやすさ」が分かります。

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の20代後半から30代で発症することが多い進行性の脱毛症で生え際あたりの前頭部とつむじ付近の頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、生え際の後退により特徴的なM字パターンとなります。毛包は毛球部において毛幹の生成を周期的に繰り返しています。これは毛周期と呼ばれ、成長期(新たな毛が生まれ伸びていく期間)→退行期(成長が止まり伸びなくなる期間)→休止期(抜け落ちるのを待ち、次の毛の準備期間)を繰り返しており、AGA(男性型脱毛症)では成長期が短縮することにより、休止期にとどまる毛包が多くなると考えられています。これらAGA(男性型脱毛症)の特徴的な脱毛は遺伝と男性ホルモンであるアンドロゲンが原因の一つだと言われています。

男性ホルモン(アンドロゲン)は毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体(AR:Androgen Receptor)に結合して、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすと考えられています。AGA(男性型脱毛症)を発症している部位では、毛乳頭細胞にアンドロゲン受容体が多く見られ、さらに毛乳頭ではアンドロゲンを代謝す酵素であるⅡ型5αリダクターゼが活発に働くため、アンドロゲンの1種であるテストステロンが、よりアンドロゲン受容体と結びつきやすいジヒドロテストステロン(DHT)へと変化することが分かっています。

アンドロゲン受容体は、X染色体に位置しており、この遺伝子のある領域には、特徴的な「C」と「A」と「G」の3つの塩基が繰り返す構造があり、その繰り返しの回数が多ければ男性ホルモンがアンドロゲン受容体と結合しにくくなると報告されています。また、同様に「G」と「G」と「C」の塩基が繰り返される構造があり、その繰り返しの回数が少ないと、男性ホルモンが毛乳頭へ入り込みやすいとされています。

「C」と「A」と「G」の繰り返しの回数(CAGリピート数)、「G」と「G」と「C」の繰り返しの回数(GGCリピート数)には個人差があり、年齢によって変化することがないため、遺伝子検査でかみの毛体質を調べることができます。CAGリピート数とGGCリピート数の合計値で、AGA(男性型脱毛症)になりやすいか、なりにくいか、を調べます。

プロペシア(フィナステリド)はⅡ型5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、国内外の臨床試験において脱毛状態の改善、毛髪数の増加、及び毛髪重量の増加が証明されており、これらの良質な根拠によって、男性における内服療法の第一選択薬として強く推奨されています。先述したCAGリピート数ですが、これが少ないほど高いフィナステリド効果が得られることが報告されています。

かみの毛体質検査を受けることにより、「AGA(男性型脱毛症)のなりやすさ」と「プロペシア(フィナステリド)の効きやすさ」が分かります。

プロペシア・プロペシアジェネリックを服用中で、納得のいく効果が得られない方は、一度検査してはいかがでしょうか?検査結果には2~3週間ほどかかり、新橋駅前クリニックにて検査結果をご報告いたします。ご予約制になりますので事前にご連絡していただくか、または来院時にお問合せ下さい。

「かみの毛体質検査」  1キット/15,000

 

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/0120-952-652