レビトラ(バルデナフィル)はED治療薬としてバイアグラの次に開発された勃起薬で、バイエル薬品より発売しました。日本での承認は2004年4月に取得し、発売は2004年6月から開始されました。レビトラはバイアグラに比べ食事の影響を受けにくく、より高い汎用性があると言われております。レビトラの名前の由来はle(フランス語の冠詞)とvitra(ラテン語の生命)で「男性の生命」という意味があるそうです。
レビトラは「レビトラ5mg」「レビトラ10mg」「レビトラ20mg」があり、現在アメリカ、ヨーロッパなど、70ヶ所以上の国で販売されています。新橋駅前クリニックでは「レビトラ10㎎」と「レビトラ20㎎」の2種類の取扱いをしております。

また、レビトラはバイアグラ、シアリス同様薬価基準未収載の薬になるため保険適応外のお薬です。

レビトラ20mgはバイエル薬品の添付文書によると、「高齢者(65歳以上)患者については,本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので,5mgを開始用量とし,最高用量は10mgとする。1日の投与は1回とし,投与間隔は24時間以上とすること。」と記載されています。しかし現状では糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を持病とする65歳以上の方が、レビトラ(バルデナフィル)5mgや10mgで効果がみられない場合が多いため、十分な説明、理解を同意の上、処方しているのが一般的なようです。
では65歳以上の方の服用した場合の効果や副作用についてはどうなのでしょうか?
日本性機能学会の雑誌で「高用量バルデナフィル塩酸塩20mg錠の有効性」という報告書があります。ED患者を65歳未満の方と65歳以上の2群に分けて、10mg・20mgの有効性と安全性について検討したものです。それによると、65歳以上の方では、有効率は10mgで47.6%、20mgで82.6%と20mgの高用量のほうが高いED改善効果が確認できました。また安全性(副作用)については10mgの65歳未満で32.9%、65歳以上で23.8、20mgの65歳未満で25.0%、65歳以上で21.7という結果が出でいます。このことから65歳以上で20mgの服用は高いED改善効果が得られ、副作用の発現率は10mgと比べるとあまり増加していないことが分かります。

65歳以上で5mg・10mgが効かず、その他禁忌事項に抵触していない方は20mgを医師に相談の上、お試しするのもいいかもしれません。

レビトラ・バイアグラ・シアリスのED治療薬はいわゆる精力剤や媚薬のようなものとは違い、性的興奮を増幅させるものではありません。また、性行為によって感染する病気を予防する効果はありません。血流を良くし勃起を促すお薬です。また、服用して性的刺激がなければ勃起しません。勃起し続けることもありませんので安心して服用してください。

レビトラは1回1錠、1日1回までの服用です。
食事やお酒の影響を受けにくいですが、空腹時の服用がオススメです。

レビトラ・バイアグラ・シアリスの料金はこちらから

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/0120-952-652