医薬品メーカーが、日本で最初に開発・承認・発売された薬を新薬(先発品)といいます。

この新薬(先発品)は医薬品メーカーが新薬(先発品)の構造や製造方法について特許権を取得し、20~25年間の特許期間を設けることができます。つまり特許期間中は製造・販売が独占できるのです。その新薬(先発品)に対し、この特許期間が切れると他の医薬品メーカーからも同じ有効成分、同じ効果・効能がある薬を製造・販売することができます。

それを「ジェネリック医薬品(後発品)」といいます。

「ジェネリック」とは「一般的な」という意味、「ジェネリック医薬品」とは効果・効能、安全性が確立された医薬品という意味です。

新薬(先発品)が承認・販売されるまでの開発期間は15~20年、開発費においては150~200憶円かかるともいわれております。莫大な費用と時間を回収、そして利益を生むためにも医薬品メーカーは特許を取得するわけです。

しかし、ジェネリック医薬品(後発品)はすでに安全性・有効性が確認された有効成分を使用するため、短期間での開発ができます。新薬(先発品)に比べ少ない費用で薬の開発・製造が可能になり、ジェネリック医薬品(後発品)は新薬(先発品)よりも価格を抑えることができます。そのようなことから、ジェネリック医薬品(後発品)は新薬(先発品)よりも低価格なのです。

新橋駅前クリニックでは、ジェネリック医薬品(後発品)「プロペシアジェネリック(フィナステリド)」の取扱いをしております。メーカーは「ファイザー」「サワイ」「トーワ」の3種類です。

そこで、患者様から「何が違うのですか?」というご質問がよくあります。プロペシア・プロペシアジェネリックともに主成分(フィナステリド)は全て同じで、同量です。主成分をコーティングするのに使う添加物がメーカーにより異なります。

《プロペシア・MSD
主成分/フィナステリド1mg

その他添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

《プロペシアジェネリック・ファイザー》
主成分/フィナステリド1mg

その他添加物:無水乳糖、アルファー化デンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、軽質無水ケイ酸、ポビドン、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、マクロゴール400ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マグロゴール6000黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄、黒酸化鉄

《プロペシアジェネリック・サワイ》
主成分/フィナステリド1mg

その他添加物:カルナウバロウ、結晶セルロース、酸化チタン、三二酸化鉄、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、タルク、デンプングリコール酸ナトリウム、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、部分アルファー化デンプン

《プロペシアジェネリック・トーワ》
主成分/フィナステリド1mg

その他添加物:乳糖水和物、クロスポビドン、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、トリアセチン、タルク、酸化チタン、三二酸化鉄

その他添加物の欄で、添加物名に罫線_が引いてあるものが、プロペシアでは使用されていない添加物です。

新薬(先発品)とジェネリック医薬品(後発品)どちらが効果的なのかは、医師には判断しかねることがあり、服用してみないと分かりません。基本的には効果・効能は同じですので、ご自身に合った薬を服用することをオススメします

AGA治療薬の料金表はこちらから

 

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/0120-952-652