現在、ED(勃起障害)の治療薬として開発されたものにはバイアグラ(バイアグラジェネリック)・レビトラ・シアリスの3種類があります。その大きな違いとしてまず以下のような有効成分・作用時間などの違いがあげられます。

《バイアグラ・バイアグラジェネリック》主成分:シルデナフィル
バイアグラはアメリカ合衆国首位のファイザー製薬から発売。バイアグラの日本での認可販売は1999年より開始されました。
バイアグラ50mgは有効成分としてクエン酸シルデナフィル 70.23mgうちシルデナフィルとして50mg含有しています。
特徴・・・・・・・・・・・・・知名度NO,1
強さレベル・・・・・・・・25mg(2)・50mg(4)※1
平均作用時間・・・・・4~6時間(25mgは4~5時間・50mgは5~6時間)
副作用・・・・・・・・・・・強 ※2
食事の影響・・・・・・・強く受ける。食後に服用すると効果が下がる。空腹時の服用がおすすめ。

 

《レビトラ》主成分:バルデナフィル
レビトラはドイツ首位の製薬会社バイエルシェーリングファーマから発売。レビトラの日本での認可販売は2007年より開始されました。
レビトラ20mgは有効成分として塩酸バルデナフィル水和物 23.074mgうちバルデナフィル20mg含有しています。
特徴・・・・・・・・・・・・・強い勃起力
強さレベル・・・・・・・・10mg(4)・20mg(6)※1
平均作用時間・・・・・4~10時間(10mgは4~5時間・20mgは8~10時間)
副作用・・・・・・・・・・・中 ※2
食事の影響・・・・・・・少し受ける。食後や飲酒時の服用でも、効果はあまり変わらない。
             ただし、脂っこい食事後は効果が下がる。

 

《シアリス》主成分:タダラフィル
シアリスはアメリカ合衆国5位の製薬会社イーラーリリー社から発売。シアリスの日本での認可販売は2007年より開始されました。
シアリス20mgは有効成分としてタダラフィルが20mg含有しています。
特徴・・・・・・・・・・・・・作用時間が長い
強さレベル・・・・・・・・10mg(2)・20mg(4)※1
平均作用時間・・・・・20~36時間(10mgは20~24時間・20mgは30~36時間)
副作用・・・・・・・・・・・弱 ※2
食事の影響・・・・・・・ほとんどうけない。

 

※1・・・・・・・・・・強さ最高が6として
※2・・・・・・・・・・副作用の強さ(頭痛、動悸、顔の紅潮、鼻づまり、目の充血、めまい、消化不良など)

 

食事の影響と発現時間や作用時間に差があるので、使用する状況で使い分けるのもいいですね。基本的にバイアグラ・バイアグラジェネリック・レビトラ・シアリスは、どれも1時間以内に効いてくるので行為の1時間前に服用すれば大丈夫です。
知名度と安心感で選ぶならバイアグラ・バイアグラジェネリック、早さと強さならレビトラ、長時間の作用と自由度ならシアリスがオススメです。

効果や副作用等の違いについては、個人差があります。 人によってはバイアグラ50mgが一番効くという方もいれば、 レビトラ10mgやレビトラ20mgの方が効くという方や、シアリス10mgやシアリス20mgが一番効くという方もいますので3剤とも是非飲み比べてみてください。その中で自身にあったものを選ぶのが一番良いでしょう。

料金はこちらから

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652