現在、国内で承認されているED治療薬は、バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリック(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)があります。
それぞれに特徴がありますが、今回は新橋駅前クリニックで人気上昇中のシアリス(タダラフィル)についてです。

 

シアリスは、バイアグラ・レビトラと違い、服用後約30~36時間、有効性が持続し、食事の影響を受けにくいのが特徴です。
例えば金曜日の夜に服用すると、日曜日の昼頃まで作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。
有効性が持続するため、途中で薬の効き目が切れる心配や、飲むタイミングを選びません。
バイアグラやレビトラほど強くないため、副作用も出にくかったり、出ても弱かったりします(個人差があります)。
食事の影響を受けにくいとはいえ、あまりお腹いっぱい食べてしまうと、十分に効果が現われないときもありますので注意が必要です。
確実に効果を出したい、という時はバイアグラ、レビトラの時と同様、空腹で服用するのが一番良いと言えます。

 

シアリスはアルコールの影響も受けにくいです。患者様の中には「食事やアルコール無しで女性とそういうシチュエーションになることはあまりない」という方も多いです。心配ありません、飲酒されて大丈夫です。
アルコールは緊張を緩和してくれる作用もありますから、リラクッス状態になります。
ですが、バイアグラ、レビトラ同様にあまり飲みすぎてしまいますと、薬の効果が出ない場合もあります。食事の影響を受けにくい、アルコールの影響も受けにくいシアリスですが、食べ過ぎ、飲み過ぎは禁物、ということです。

 

シアリスは1回1錠、1日1回までの服用となりますが10mgで20~24時間、20mgで30~36時間作用時間があるため、20mgを服用する際は1日空けて服用してください。また、シアリスはレビトラ同様、5mg、10mg、20mgがありますが、新橋駅前クリニックでは10mg、20mgの取扱いとなります。ご希望があれば5mgもご用意出来ますのでお気軽にご相談ください。

 

血管を広げる作用がありますので、主な副作用として顔のほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血、めまい、消化不良等がありますが、どれも一過性のものですので、薬の効き目が切れてしまえば、上記の症状もなくなります。

 

シアリスにも併用禁忌薬がございますので、現在服用中のお薬がある方は薬品名が分かるようにしてご来院ください。

 

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652