レビトラ(バルデナフィル)はED治療薬としてバイアグラの次に開発された勃起薬で、バイエル薬品より発売しました。日本での承認は2004年4月に取得し、発売は2004年6月から開始されました。レビトラはバイアグラに比べ食事の影響を受けにくく、より高い汎用性があると言われております。レビトラの名前の由来はle(フランス語の冠詞)とvitra(ラテン語の生命)で「男性の生命」という意味があるそうです。
また、レビトラはバイアグラ、シアリス同様薬価基準未収載の薬になるため保険適応外のお薬になります。

レビトラは「レビトラ5mg」「レビトラ10mg」「レビトラ20mg」があり、現在アメリカ、ヨーロッパなど、70ヶ所以上の国で販売されています。新橋駅前クリニックでは「レビトラ10㎎」と「レビトラ20㎎」の2種類の取扱いをしております。

レビトラはいわゆる精力剤や媚薬のようなものとは違い、性的興奮を増幅させるものではありません。また、性行為によって感染する病気を予防する効果はありません。血流を良くし勃起を促すお薬です。また、服用して性的刺激がなければ勃起しません。勃起し続けることもありませんので安心して服用してください。

レビトラは1回1錠、1日1回までの服用です。
食事やお酒の影響を受けにくいですが、空腹時の服用がオススメです。

※2018年3月8日時点レビトラは、製造元の工場の問題で製造中止となっております。
新橋駅前クリニックのレビトラは在庫切れです。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承下さい。
販売開始予定は2018年6月頃の見越しです。

レビトラ

レビトラの併用禁忌薬

  • 硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)
  • 抗ウイルス薬(HIV治療薬)
  • 内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)
  • 抗不整脈薬

硝酸剤の商品名リスト

・アイスラール錠20mg
・亜硝酸アミル
・イソコロナールRカプセル
・イソモニット錠20mg
・L-オーネスゲン錠
・コバインダー錠5mg
・サワドールテープ40mg
・シグマート 注2mg/12mg/48mg
・シベラント錠5mg
・シルビノール錠5mg
・タイシロール錠20mg
・ニコランマート錠5mg
・ニトラステープ
・ニトロール持続静注25mシリンジ
・ニトロールスプレー
・ニトログリセリン錠山川
・ニトロバイド錠5mg
・パソレーター注5mg/注50mg
・バンリール錠20mg
・ヘルピニン-Rカプセル
・ミニトロテープ5mg
・リファタックL錠
・アイトロール錠10㎎/20mg
・アパティアテープ
・イソニトール錠20
・イブステン錠5
・カリアントSRカプセル20mg
・サークレス注0.05%/注0.1%
・ジアセラL錠/L錠20mg
・シグランコート錠 2.5mg/5mg
・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)
・ステンベルガー錠
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
・ニトプロ持続静注液6mg/30mg
・ニトルビン錠5
・ニトロール錠/5㎎
・ニトロール注5mgシリンジ
・ニトログリセリン注25m/50mg「HK」
・ニトロペン舌下錠0.3mg「N
・パソレーターテープ27mg
・フランドル錠20mg
・ミオコールスプレー0.3mg
・ミリスロール注
・リファタックテープ40mg
・アイロクール錠20mg
・アンタップ/R
・イソピット
・エスタット錠5mg
・冠動注用ミリスロール 0.5mg/10ml
・サワドールL錠
・シグマート錠2.5mg/5mg
・ジドレンテープ
・硝酸イソソルビドテープ[EMEC]
・ソブレロール錠20mg
・ニコランタ錠5
・ニトプロ注
・ニトロールRカプセル20mg
・ニトロールスプレー
・ニトロール注バック50mg/100㎎
・ニトロダームTTS
・ニトロペン舌下錠0.3mg「N
・パソレーター軟膏
・フランドルテープ40mg
・ミオコール注5mg/注50mg
・メディトランステープ27mg

Input here.

以上のお薬を服用している方はレビトラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。

抗ウイルス薬(HIV治療薬)の商品のリスト

・インビラーゼカプセル200mg
・カレトラ・ソフトカプセル
・ノービア・ソフトカプセル100mg
・ブリジスタ錠300mg
・インビラーゼ錠500mg
・カレトラ・リキッド
・ノービア・リキッド
・レイアタッツカプセル150mg/200mg
・カレトラ錠
・クリキシバンカプセル/200mg
・フォートベイスカプセル
・レクシヴァ錠700

併用することによりレビトラ錠の血中濃度が上昇することがあるため上記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。

内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)の商品のリスト

・イコナゾンカプセル50
・イトラコナゾール錠50/100「MEEK」
・イトラリール錠50/100
・イトリゾール内服液1%
・イデノラートカプセル50mg
・イトラコネート錠50mg
・イトリゾールカプセル50
・トラコナ錠50mg/100mg
・イトラートカプセル50
・イトラコンカプセル50
・イトリゾール注1%

併用することによりレビトラ錠の血中濃度が上昇することがあるため上記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。

抗不整脈薬の商品のリスト

・アジマリン錠50「イセイ」
・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」
・アンカロン錠100
・ジソピラミドカプセル100mg「タイヨー」
・シベノール錠50mg/100mg
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「タナベ」
・ソピラート「カプセル」/カプセル100mg
・チヨバンカプセル50mg/100mg
・ピメノールカプセル50mg/100mg
・リスピンR錠150mg
・リスモダンカプセル50mg/100mg
・リゾラミドR錠
・硫酸キニジン錠「ホエイ」
・アジマリン錠「ヨウシン
・アミサリン錠125mg/250mg
・アンカロン注150
・ジソピランカプセル
・シベノール注射液
・シンビット静注用50mg
・タイリンダーR錠
・ノルペース50mg/100mg
・ファンミルR錠
・リスピンカプセル100mg
・リスモダンP静注50mg
・リゾラミドカプセル
・硫酸キニジン「ホエイ」
・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」
・アミサリン注
・ジソピラR錠
・シノベジール錠50mg/100mg
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「サワイ」
・ソタコール錠40mg/80mg
・タイリンダーカプセル
・ノルペースCR錠
・ファンミルカプセル
・リスモダンR錠150mg
・リスラミドR錠150mg
・硫酸キニジン錠

併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため上記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。

以上がレビトラの併用禁忌のお薬です。
このように併用禁忌のお薬はたくさんございますので、当院へご来院の際には、 これらのお薬を服用していないかを確認させていただくために他に服用しているお薬がある方は必ずお薬名をわかるようにしてからお越しください。
また、個人輸入や他人にもらった医師の処方以外のレビトラを安易に服用することはとても危険です。

~ED治療・AGA治療なら新橋駅前クリニック~
東京都港区新橋2-18-3-5F/TEL:0120-952-652